lg21乳酸菌の詳細

「lg21乳酸菌」について詳しく調べてみましょう。
ピロリ菌の抑制効果を研究してた所「ラクトバチルス・ガセリ OL2716」が最も優れていました。

この時の乳酸菌の頭文字をとって「lg21乳酸菌」と呼ばれるようになりました。
この「ラクトバチルス属」が排出する乳酸に対してピロリ菌が弱いので、乳酸菌の中でも「lg21乳酸菌」は、胃酸のような強い酸に耐性があります。
更に、胃粘膜に付着してピロリ菌を減少させる事が可能なのです。

胃内で生存するには栄養となるオリゴ糖が少ないのですが、「lg21乳酸菌」はそんな状況でも増殖する事が可能という特徴があります。
この結果、ピロリ菌の活動を停止させ減少させる効果が認められています。
また、「lg21乳酸菌」単体でも、胃潰瘍や胃がん等を誘発するピロリ菌を抑制できますが、抗生物質との併用により数回の治療によりピロリ菌の除菌が高い確率で成功したとの報告もあります。

更に、抗生物質のみによる除菌療法では、下痢や軟便等の副作用が認められているが、「lg21乳酸菌」は腸内環境を整える効果があるのでこの様な副作用の軽減できるという研究報告もあります。
調べてきてわかったのですが、ピロリ菌の除去作用が確認できているので「lg21乳酸菌」を含むヨーグルトを摂取する習慣を身に付けて胃潰瘍などの病気予防に努めましょう。