L-92乳酸菌の詳細

「L-92乳酸菌」について詳しく調べてみましょう。
正式名称は「ラクトバチルス・アシドフィルス L92株」です。
消化管液等の強酸にも耐える事ができるので腸まで生きたまま届きます。

という事は腸内で活発に働く事ができるので整腸作用も期待できます。
また別の角度から見てみると、免疫機能については次のような報告がされています。
 体内の抗酸化機能が低下すると「Th1細胞」より「Th2細胞」が活発になるとされています。

逆に「Th2細胞」が優位になるとアレルゲンと反応する免疫抗体がたくさん生成されてアレルギー症状がでてしまいます。
そこで、「L-92乳酸菌」の免疫バランスを整える働きにより、「Th1細胞」と「Th2細胞」のバランスを保つ事によってアレルギー症や花粉症による症状の緩和といった効果が期待されています。
また、マウスでの実験ではインフルエンザ予防の作用があるという報告もされています。

特に「L-92乳酸菌」は一般的な乳製品からの摂取は困難であるとされる貴重な乳酸菌でもあります。
これらの研究報告からもわかるように、「L-92乳酸菌」はアレルギー症や花粉症による症状の緩和する可能性があります。
更に、これはまだマウスでの実験段階ですが、インフルエンザの予防に効果があると期待されています。
この様に「L-92乳酸菌」は今後の研究結果に注目が集まっています。